海老原総合病院は各診察をはじめ、地域医療に力を注いでいます。

Nurse

看護部長あいさつ

看護部長 後藤 文子


“ようこそ‼ 海老原総合病院看護部へ‼”


 


 当院は、2002年(平成14年)宮崎県児湯郡高鍋町に開院し16年目を迎え、地域の中核病院として急性期医療、慢性期医療、救急医療などの役割を担ってきました。急性期一般病床と地域包括ケア病床、療養病床を有し、腎センター(人工透析)はじめ特殊外来として、外来化学療法、肝臓専門外来、心臓血管外科専門外来等を行っており、地域のニーズに応じた医療の提供に努めております。


高齢化が進展する2025年に向け、地域医療構想では、病院の機能分化が進められ、医療制度は激変しています。そして、地域包括ケアシステムの構築が進められる中、看護職の役割はさらに重要になってきています。このような時代の変化に応じて、地域の方々が住み慣れた場所で安心して生活できるよう、医療と介護が連携し、地域とつなぐ看護の実践を目指し努力していく所存です。



 



今年も新たな仲間が加わり、新年度がスタートしました。


『その人の持てる力を最大限に生かす』という理念は、ゆるぎないもので、新しい仲間と共に、理念・基本方針を確認し組織について学びました。そして、倫理では、「看護者の倫理綱領」から看護者としての行動指針や看護の実践について責任の範囲を確認し、倫理綱領15項目についてディスカッションしました。感じたことや考えなどお互いに情報交換でき、有意義なものとなりました。


 


 今年度も、よりよい看護や介護の提供を目指して、人材育成に力を入れ、“人材”を“人財”に育てていきます。また、『“明日もまたここで働きたい”と思える職場環境づくり』を目指しWLBの取組みも続けています。


 


200184


看護部長 近藤春代



 


                    

看護部理念  『その人の持てる力を最大限に生かす』

基本方針

  1. 私たちは、患者様の生命・人格・人権を重んじ、個人を尊重した看護を実践します
  2. 私たちは、豊かな人間性を養い、専門的知識に基づいた心のこもった暖かな看護を実践します
  3. 私たちは、多職種と協働しながらチーム医療を推進し、責任のある看護を実践します
  4. 私たちは、地域住民の皆さまの健康の保持増進を支援します

平成30年度 看護部目標

海老原総合病院

〒884-0006
宮崎県児湯郡高鍋町大字上江207
TEL 0983-23-1111
FAX 0983-21-1816

携帯・スマホはこちら